県民共済の選び方

県民共済の選び方

県民共済は年齢性別に関係なく同じ保険料で入れる簡単でわかりやすく、手軽で入りやすい保険ですが、どう選んだらいいのかわからない人も多いと思います。

 

県民共済を選んだほうがいいという人の場合は、民間の生命保険に病気などの理由で加入制限を受けた人や、病気での死亡保険金が200〜800万円で足りる、入院日額2500〜1万円の医療保険も当時に必要だという場合にとてもお得になります。

 

また2つ目の保険としてお考えの場合も県民共済はお薦めで、30歳を超えると民間の保険では保険料が上がってしまうために新たに加入するのは中々難しいので、そのような場合でも年齢に関係なく低料金で入れるので大変お得になります。

 

逆に年齢がまだ若い場合や、お子様がいたり資産となるものがない方の場合には病気死亡保険金が800万円では不安だという方も多く、そういった場合には県民共済だけ加入するというのはお薦めしがたくなります。

 

居住地や勤務地の県民共済に加入することができるわけですが、各都道府県によって保障が違う場合がありますので、居住地と勤務地が違う場合にはどちらが良いか比較してみるとよいでしょう。

 

また全国の都道府県に県民共済があるわけではないので、せっかく県民共済の加入を決めても実施されていなければ話にならないので必ずチェックしておきましょう。

 

今はインターネットでも簡単に調べられますし、直接話を聞きたいという場合でも電話でのお問い合わせも可能ですので聞いてみるとよいと思われます。

県民共済には落とし穴が!あなたにはお得じゃないかも?

▼まよったら無料相談がおすすめ▼