県民共済の落とし穴

県民共済の落とし穴

県民共済は保険料は掛け捨てだけど保障が手厚く、年末にいくらか返ってくるので結果的に保険料はかなり安くなってお得というのが魅力ですが、いくつかの落とし穴があります。

 

まずは65歳からの保障が段階的に減っていき、85歳以降は更新することができないということです。

 

県民共済は65歳からは保障が先細りしていき、さらには85歳以上は更新も新規加入もすることができず、医療保障が最も必要になる老後に保障がどんどんなくなっていくのです。

 

一つだけ保険に入るなら保険会社の終身医療保険のほうがいいようですが、ベースとなる終身医療保険に入っていてなお、掛け捨ての安価な保険に入る場合には、特約を付けずに県民共済に加入するのはあるようですが、ただ県民共済だけで老後の医療保障を確保しようとするのは大変危険です。

 

老後の保障などの心配がある場合は若いうちに民間の終身医療保険に入っておいたほうが、保険料が安いうちに加入できるので、県民救済だけに入っている場合は保険を見直すことも一つだと言えます。

 

県民共済で掛捨ての保険料を支払っている期間の分を終身医療保険の支払いに充てた方がお得だという考えもあり、同じ保険料を支払っていても、掛捨ての保険と一生涯の保障を持てる保険とでは大きな差があるのです。

 

とはいえ、もう若くもなく今から民間の保険に入ると保険料が高くなるのでやはり県民共済しか入れないという人も多く存在するわけで、落とし穴があることをわかった上で検討するのは大切なことと言えるでしょう。

県民共済には落とし穴が!あなたにはお得じゃないかも?

▼まよったら無料相談がおすすめ▼