県民共済の特徴

県民共済の特徴

県民共済の特徴として、出資金の200円(県により多少違う場合有り)を払った上で、該当の県に在住もしくは在勤者が利用できるものになっています。

 

加入者の助け合いによる保障制度なので、営利追求のための投資などはしていないために、保険の掛け金が安くて済み、加入する時の審査も比較的簡易で、余剰金は年単位で割戻金として還元されるというところです。

 

死亡保障がメインの総合保障タイプの保険でいえば、毎月の掛け金が1000円からの所もありますので大変リーズナブルになっています。

 

掛け捨てタイプとはいえ、掛け金の2〜5割が還元されることになるので、毎月の掛け金は実際より更に低いことになります。

 

また加入年齢や性別に関係なく掛け金が一律ということも魅力の一つと言えるでしょう。

 

掛け金や加入方法がとても手軽で、銀行窓口やコンビニエンスストアなどに置いてあるパンフレットにより加入手続きができ、総合型に入るのに医師の診査は必要ありません。

 

掛け金も手軽なのですが、掛け捨てなので満期金は期待できず、掛け金が安いものに関してはその分保障金額も少な目になりますので、いくつかのプランを組み合わせて自分に合った保険にするのがよいでしょう。

 

掛け金の安さを取るのか、充実した保障内容を取るのか、自分の生活スタイルをよく考えてプランを組み立てるのがよいと思われます。

 

またメインは従来型の民間保険会社商品として、不足分を県民共済で補充するという考え方もあります。

県民共済には落とし穴が!あなたにはお得じゃないかも?

▼まよったら無料相談がおすすめ▼