県民共済の入り方

県民共済の入り方

県民共済は居住地や勤務地の都道府県のものに入ることができますが、都道府県によっては保障内容や名称が若干変わっています。

 

県民共済はホームページからも加入することができ、全国生協連の県民共済ホームページから居住地か勤務地の県民共済のページへ行き、「申込書作成サービス」で必要事項を入力すると後日郵送で申込書が送られてきますので、その申込書に署名、捺印して投函すれば終了です。

 

ホームページを見ることができない場合は、銀行窓口やコンビニエンスストアなどにパンフレットが置いてありますので、そちらを利用するのがよいでしょう。

 

県民共済は性別や年齢に関係なく保険料がいつ入っても同じという所が魅力です。

 

民間の保険では高齢になると保険料が高くなり、また病気などで加入制限される場合もありますが、その点県民共済は高齢でも入りやすい保険ということになります。

 

プランによって保険料が変わりますが、急激に保険料が高くなるわけではないので自分に合ったプランを選ぶとよいでしょう。
逆に若い人で生涯入れる保険をと考えている場合は、県民共済に入るよりもお得な場合がありますのでよく比較検討して加入することをお薦めします。

 

掛け金も手軽ですが、掛け捨てではあっても割戻金の制度があるので実際もっと掛け金が軽くなることがあるのでとてもお得です。

 

この割戻金は各県民共済によって異なりますので、各県民共済のホームページの前年度の割戻実績をみて参考にするとよいでしょう。

県民共済には落とし穴が!あなたにはお得じゃないかも?

▼まよったら無料相談がおすすめ▼