県民共済と生命保険の違い

県民共済と生命保険の違い

県民共済と民間の生命保険の違いですが、簡単に言うと、県民共済の場合は年齢や性別に関係なく同じ掛け金で加入できるという所に違いがあります。

 

民間の生命保険の場合は年齢が上がるほどに掛け金は高くなりますし、病気などで加入制限に引っかかる場合がありますが、県民共済にはそれがないのも違いの一つです。

 

高齢になって保険に入りたくても掛け金が高くて加入を悩んでいる間に病気になってしまい、いざ保険が必要だという時に入っていないととても大変なことになります。

 

そんな時に助かるのが県民共済になります。

 

ですが、県民共済の場合は65歳から保障が段階的に減っていき、その後85歳以降は更新や新規加入することができなくなってしまいます。

 

民間の生命保険の場合は終身医療保険があり、何歳までということはなく、一生涯変わらずに保障を受けられるという利点があるのです。

 

若いうちに民間の終身医療保険に入っておくことができればそれに越したことはないのですが、何らかの理由で入れなかった人も多いため、そのような方には県民共済はとても助かるものとなっています。

 

県民共済は掛け捨てなのですが、月々の掛け金は安く済みますし、割戻金というのがあって戻ってくる場合があるので、さらに掛け金が軽くなるのです。

 

一生涯の保障という面では民間の生命保険のほうがいいと思いますが、それでもまだ足りないのではないかと不安な場合の2つ目の保険として県民共済を検討してみるのもいいと思います。

県民共済には落とし穴が!あなたにはお得じゃないかも?

▼まよったら無料相談がおすすめ▼